特定非営利活動法人 日本防火技術者協会

日本防火技術者協会は、SFPEの日本支部です

SFPE

TOP > 当協会について[ごあいさつ]

当協会について

理事長就任のご挨拶

理事長 福井 潔

理事長就任のご挨拶

特定非営利活動法人
日本防火技術者協会
理事長 福井 潔

この度、特定非営利活動法人日本防火技術者協会の理事会において理事長に推挙され、前理事長の後任として5代目の理事長に就任させていただくこととなりました。理事長就任は2回目になりますが、前回の経験を活かし協会のリーダーとして、今後のさらなる発展に向けて、微力ながら、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、会員の皆様のご支援、ご助力を宜しくお願い申し上げます。

日本防火技術者協会は、平成15年に特定非営利活動法人として設立され、今年で16年目を迎えました。協会の基盤づくりから始まった活動も、防火技術者の職能の確立に向けての活動、防火技術を社会に発信する活動、防火技術の向上に向けての活動など多岐に拡がってきており、これらの活動内容は、日本建築学会やSFPE(The Society of Fire Protection Engineers:全米防火技術者協会)など国内外の団体からも高く評価され、いくつかの受賞にもいたっております。

その一方で組織としては創成期を終わり、組織の安定的な維持、さらなる発展に向けて難しい舵取りが必要な時期に来ていると思います。会員数は幸い今まで順調に増加していますが、設立時に主要な役割を果たした会員が現役引退の時期に差し掛かっており、うまく次の世代につないでいくことが大きな課題です。防火技術者の職能資格として新たに設立したJAFPE防火技術者の制度も、資格更新の時期を迎え、更新を推進するとともに、資格の新たな魅力付けや、私的な認定にとどまらず公的な位置づけを目指すなど次の展開を模索すべき時期と考えています。

また、国際的な活動のさらなる推進ももう一つの取り組むべき課題と考えています。経済や企業活動が国際化していく中で、防火の分野についてはわが国固有の基準や制度に縛られ、世界から取り残されてしまうことが危惧されます。世界の防火技術者との交流を拡げ、世界の技術の潮流を見極めていき、改めるべきは改めていくことも、当協会にとっての重要な課題であると認識しています。当会が日本支部と位置付けられているSFPEとの関係を有効に活用して、欧米、アジア・オセアニア諸国との交流の機会を今後も積極的に作っていきたいと考えております。

皆様と力を合わせて、協会の発展に尽力したいと考えておりますので、今後とも、ご指導、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

平成31年3月1日